頭皮の乾燥を予防するお酒の飲み方

適度な飲酒は頭皮の乾燥予防にOKだが、、、

喫煙と並んで、身体に悪影響を与えるといわれているのが飲酒です。アルコールには強い依存性があるといわれており、一度おぼれてしまうとアルコール中毒や依存症に陥ってしまう恐れもあります。また、世界保健機関(WHO)の調べによると、アルコールの過剰な摂取が原因の病気は60種以上もあるとの報告がされています。
アルコールの摂取と頭皮のトラブルとの関係性についてですが、結論からいうと飲酒はそれ自体が悪いというわけではありません。適量を守って飲んでいるのなら、逆にほどよい血行促進作用が期待できるため、頭皮の血行も改善することが出来ます。ですが、それはあくまで適量を守っている場合に限ったことです。大量のアルコールを摂取しすぎると、頭皮の環境が悪化して乾燥やかゆみを引き起こしてしまいます。
アルコールが身体に影響を与えるといわれているのは、その分解の過程で様々な臓器が稼動してエネルギーが消費されることから来ています。アルコールの分解にエネルギーが消費されると、本来の身体の機能や健康を維持するために利用されるべきエネルギーが不足してしまいます。具体的には、アルコールが体内に入ってくると、肝臓で分解されます。その際にエネルギーとして消費されるのが、体内で生成されたアミノ酸です。髪の毛を構成しているケラチンと呼ばれるたんぱく質は、アミノ酸によって構成されています。そのため、アルコールを大量に摂取してしまうと、その分髪の毛に回るはずだったエネルギーが消費されてしまいます。少量の飲酒で頭皮や髪の毛に影響を与えるということはありません。ですが、日常的に多量のアルコールを摂取していると、栄養が行き渡らずに細胞が弱ってしまうので注意が必要です。

頭皮の乾燥を予防するお酒の飲み方関連ページ

食事
頭皮の乾燥は早めの対処が大切!頭皮の乱れで抜け毛や縮れ毛予防しましょう!