頭皮の乾燥によるフケ症と対処法

頭皮の乾燥によるフケの原因

頭皮が乾燥してくると、頭皮のひび割れやかゆみが引き起こります。そんな状態になったら、我慢できずに掻きむしってしまう人も中にはいるのではないでしょうか。
フケが出来てしまう原因は大きく分けて、乾燥によるものと皮脂によるものの二種類があります。例えば肌が乾燥するとかゆくなり、白い粉のようなものが出ます。これは肌のターンオーバーが促され、新しい細胞がつくられる過程で古い角質が剥がれていく状態です。本来なら、肌のターンオーバーは、古くなった角質が目に見えない状態で剥がれ落ちていきます。けれど、水分量が少ないと表面の角質が乾燥しているので、必要な角質や皮脂までも剥がれてしまうのです。これが、乾燥によるフケの原因になります。
このような乾燥には、まず頭皮にうるおいを与えることが最も重要になります。トリートメントやヘアクリームなどで油分を補給することをお勧めします。乾燥肌の人は皮脂の分泌量が少なく、肌の保護作用を持つ皮脂膜が薄いので、肌が敏感な人が多いといわれています。さらに、フケや頭皮のかゆみ原因として、シャンプーなどの洗髪料や化粧品が肌に合っていなくて、それが原因となっている場合もあります。
髪の毛にフケがあると、どうしても不潔な印象を持たれがちです。自身の洗髪が足りないと勘違いしてしまい、よりいっそう洗浄力の強いシャンプーに手を出したり、強い力で爪を立ててごしごしと洗うという誤った手段に出て事態を悪化させる人もいます。実は、乾燥からきたフケであれば、それは乾燥を進行させるだけの行為となってしまいますので注意が必要です。

頭皮の乾燥によるフケ症と対処法関連ページ

かゆみ
頭皮の乾燥は早めの対処が大切!頭皮の乱れで抜け毛や縮れ毛予防しましょう!